そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

田舎で質素な暮らしをしている家庭が株主優待でもらって嬉しいのは実用品(食品、日用雑貨)。

田舎で質素な暮らしをしているわが家のような家庭では、株主優待でもらってうれしいのは実用品(食品や日用雑貨)です。

 

 ライオンから届いた株主優待品。自社製品が詰まっていました。

 

株主優待というと外食やレジャーなど華やかなものも多くて、それらに憧れる人が多いかもしれません。

外食が無料(または割引価格)で楽しめたらいいですよね!

わが家もたまにはパーっとそういうことをしたいです。

 

でも田舎暮らしだとそもそも店がない。

なくはないけど限られるし、利用できる店がイコール投資に適しているともいえません。(早い話が業績が不安とか)

以前は優待消費のためにはるばると出かけたこともあったけど、娘ももう中学生で忙しいのもあってついてこない⋯。

そんなわけで年に1〜2回個別株を買う機会がある時に買うのはもっぱら食品や日用雑貨の優待がある企業狙いになりました。

 

去年、株価全体が落ち込んだ時に買っておいたライオン(4912)から先日自社製品の詰め合わせが届きました。

大ファンのライオン製品がたくさん入っていてうれしかったです。

 関連記事:これ以上かんたんな風呂の掃除法はあるのだろうか? - そう言われればそうかも。

      2018年今年買ってよかったモノベスト3 - そう言われればそうかも。

 

個別株の売買は、価格が下がったり最悪0になってしまう(倒産とか)こともあるんで誰にでもおすすめできるわけではないけど、こういう楽しみがあるからやめられません。

 

 

「株主優待生活」といったら桐谷さん。生活のほぼ全てを優待品でまかなっているらしいです。こんな暮らししてみたい。