そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

食費を減らすには家にあるものを使い尽くすのが基本。

家にある食材を使い尽くすのは食費を減らすのに効果的です。

 

 生で食べるにはおいしくなくなったリンゴを煮て、ホットケーキミックスに混ぜ込んで焼いてみました。

 

わが家は節約初心者だったころ、よく食材を捨ててました。

モヤシとか豆腐は特によく腐らせてたっけ。

安いから食費を減らすにいいなと思って買うものの使い切れず⋯。

結局高い買い物になってました。

 

食費を減らすには(健康を損なわないレベルで、です)、

  • よく使う食材、使いやすい食材を把握する
  • 使い切れる分だけ買う
  • 作りすぎない(肥満予防にも効果的!)
  • どうしてもというこだわりがなければ、そこそこの価格の食材にしておく(こだわりの食材は高いですからねえ)

といったところも大事だけど、わが家の場合は何といっても効いたのはこれ。

  • 家にある食材を使い尽くす

 

写真のリンゴのケーキ(マフィン)、もう生で食べるにはおいしくなくなってしまったリンゴを活用しました。

柔らかくフカフカになってしまったからといって捨ててしまうのはもったいない!

とりあえず甘く煮て冷凍したんです。

それを解凍してホットケーキミックスに混ぜ込んで焼いたら、休日のおやつになりました。

キズリンゴだったので1個40円ほどでしたが3個捨ててたら、40円×3個=120円のムダになってたところ、手を加えることでおやつとして生き返ったし、おやつ代も浮いたわけです。

節約ってこういう小さなことの積み重ねかもしれません。

 

家にあるものを使い尽くすことは、かんたんそうに思われるでしょう。

でも実際やってみると、意外に難しい。

まだあるのに、ついつい買ってきてしまうこともありました。

家に何が残ってるのか把握してなかったんですね。

 

使い尽くすことを徹底するだけで、感覚的には1割は食費を減らせると思います。

 

 

このコミックエッセイにも「使い尽くす」ことの大切さが指摘されていました。