そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「盗撮リスク」はあるものの、やっぱりAirbnb(エアビー)はいいなと思う点3つ。

今回の旅行は「民泊」に挑戦します。

予約完了しただけでまだ実際に泊まってはないけど、Airbnb(エアビー)はいいなと思いました。

 

検索、予約した時点でいいなと思ったのは、 

  1. おしゃれ(個性的)な部屋がいっぱい!
  2. いろんな場所に(ホテルがないような場所にも)ある
  3. 何といっても安い

 この3点でした。

f:id:nekoneko29:20190310095446p:plain

認証と決済方法の設定さえ済ませれば予約はかんたんでした

                 現地の人から借りる家、体験&スポット - Airbnb

 

3.の「何といっても安い」について。

エアビーは宿泊人数単位じゃなくて部屋ごとの料金設定だから、複数で泊まるほどお得感が増しますね。

ただ、「お、ここ安い」と思って見た物件の中には高めの「清掃料」が設けられてることもあります。最初からトータルの料金を表示してほしい。(一覧表示ではトータルの料金は表示されず純粋な宿泊料のみ)

 

実際の宿泊予約については、

  • プロフィールの認証(Airbnbのプロフィールを外部の個人情報(Facebookのプロフィール、電話番号、メールアドレス、政府発行の身分証明書など)と連携し、本人確認を行う機能)
  • 決済方法の登録

さえ済ませておけば、ホストとのやりとりを含め実にスムーズでした。

 

プロフィール認証は免許証などと自分の顔写真の提出が求められるんで、その場で撮影するならPCよりスマホアプリの方がよりかんたんかと思います。

 

Airbnbの支払い方法は、基本クレジットカード(デビットカードも可能)とPayPalです。現金やコンビニ払いはできません。

わたしのメインカードはなぜか「信用照会ができません」とエラーが出てはねられてしまったんでサブカードで登録しました。

 

支払いでユニークなのは「割り勘払い」という機能もあること。友だちと利用した場合便利ですね!

  • 友人との旅行や団体旅行なら割り勘払いがおすすめ!

「友人やグループで旅行をするけど幹事で立て替えが心配…」という人は、割り勘の決済がおすすめです。 

Airbnbの支払い方法を、変更からよくある質問まで徹底解説します。 || Airbnb・民泊オーナー専門メディア『みんため』

 

ところで民泊というと、リスクの1つが「盗撮」です。

ほとんどが問題ないオーナーさんでしょうけど、ちょっと心配⋯。

 

仕込まれたカメラの見つけ方という記事がありました。

そのうちの1つの方法はこれ。

部屋の照明を切って、懐中電灯(あるいはスマートフォン)で部屋の中を照らしてみます。

カメラのレンズが光を反射していないか、探してみてください。

 隠し撮りされてるかも…。Airbnbで滞在した部屋の隠しカメラを見つける4つの方法 | ライフハッカー[日本版]

予約したのは、レビューを見ると安心そうなオーナーさんだけど、念のため隠しカメラを探す方法を実行してみようと思います。

 

エアビーだとわりと好立地のところに掘り出し物が見つかるんで、思ったより宿泊料を節約できそうです。

 

 

民泊はやっぱり不安⋯という人は、楽天トラベルなどおなじみのサイトからの予約が安心ですね。楽天トラベルで海外ホテルの予約もできます。