そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

片付け(断捨離)の最終形態は「収納家具」をなくすこと。普段使いの机もアウトドア用品に代えれば部屋がすっきりする。

片付けの最終形態は「収納家具」がいらなくなることなんじゃないかと思いました。

4月5日放映の教育テレビ 「あしたも晴れ!人生レシピ 」にミニマリストの佐々木典士さんと、「やまさん」こと、やまぐちせいこさんが出演しました。

 やまぐちせいこさんのブログはこちら→少ない物ですっきり暮らす

写真はやまさんちの夫婦の部屋だそう。何もない! 家具もない!

 

すごいのはこの部屋だけじゃなく家中モノが少ないこと。

さすが日本を代表する(と思われる)家族持ちミニマリストだ⋯。 

わが家みたいに見えないところに押し込んである「なんちゃってミニマリスト」とは違いますなー。

 

こんな芸当ができるのは、とことんまでモノを減らしたからでしょう。

現代の家と比べて収納が少ないと思われる古民家暮らし(しかも家族4人)なのに、収納スペース(押入れや床の間など。写真でいうと、正面の白いロールスクリーンが吊るされてる部分。ここに夫婦の服すべてと寝具が入っている)に収まるっていうのはいかにモノが少ないかということ。

 

この番組を見て、また片付けをやりたくなってきました。暖かくなったんで、片付けもはかどりそう。

 

「収納家具がないのはわかったけど、ふだん使う机とかどうしてるの?」と思われるかもしれません。

そこは工夫されてる点で、アウトドア用品を活用しているそう。

 

たとえば、ブログを書く時は折りたたみ式のテーブルとイスを広げ、書き終えたら畳んでしまってました。

だから、普段は何も出ていない。

 

毎回出し入れめんどうじゃん⋯と思わなくもないけど 笑、何も置かないすっきりスペースを優先してるんでしょうね。掃除も楽だし。

しまうのを習慣化できれば(しまわなくてもいいけど)、アウトドア用品の活用は視野に入れたいなと思いました。

 

アウトドア用品といえば「パタゴニア」など欧米ブランドが強いですが、「モンベル」など国内ブランドもがんばってます。

このうち、新潟県発の「スノーピーク」は価格はちょっと高めだけど、洗練されたデザインと機能性が人気で、いいなあと思ってます。オンラインでの購入も可能。見てるだけでも楽しいですよ。

  【amazonでスノーピークの製品を見てみる】→スノーピークストア

 

やまぐちせいこさんの本です。

 

佐々木典士さんの著書『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』

 

最新作もおもしろかったです。豊かなセミリタイア生活のヒントがたくさんありました。