そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

ボロ家だけど、おしゃれな照明(ペンダントライト)にしたい。

お勝手の照明器具が不調なので、これを機におしゃれな照明(ペンダントライト)に変えたいです。

 

ペンダントライトってこんな ↓ です。

f:id:nekoneko29:20190413152847p:plain

 引用:アクセントに最適!ペンダントライトを使ったダイニング照明実例20選

 

照明だけでも変えると、一気に「すてきなお部屋感」が増しますね!

ただ問題は、

  • なんか高そう
  • 薄暗そう
  • 取り付け工事がめんどくさそう

ということ。

 

最近カインズホームの照明コーナーを見て回ってるんだけど、取り付け工事は何となくできそうかなという印象でした。

値段は、いいなあと思ってるレトロなLED電球が1つ約2,000円。

3つ付けるとバランスがいいんで、2,000円×3つ=6,000円。これにレールだのコード2,480円×3本(7,440円)だのを組み合わせると20,000円くらいになりそう。

うーん、ちょっと予算オーバーかもしれません。

 

それに何といっても、ペンダントライトの最大の問題点が「薄暗そう」なこと。

娘がお勝手のテーブルで勉強することがあって、薄暗いのは困ると言われました⋯。

 

実際のところはどうなのか?

このレトロ電球1個の明るさは350ルーメンで、3つ取り付けると1,050ルーメン。これで明るさはクリアできる?

JIS(日本工業規格)では、「照明基準総則」というものを策定しています。それによると、居間で読書をするときに維持すべき照度は500ルクスとなっています。

 読書をするときにはどのくらいの明るさが適切? | 健康と美容のコラム

 

基本的には1ルクス=1ルーメンと考えればいいみたいだけど、「ルクス」は照らされた場所の明るさ、「ルーメン」は光源の明るさを表してるそう。照らす面積によってルクスは変わってしまいます。

わが家の場合、3つ吊り下げれば1,050ルーメンだから狭い範囲を照らすなら問題なさそうだけど、よくわからないな。

 

「こんなボロ家にそんなおしゃれな照明なんて⋯」という家族の冷たい視線を感じつつ、「せめて照明くらいは流行りのものを」という思いが諦めきれません。

機会を見てホームセンターのスタッフに明るさと金額について聞いてみようと思います。

 

カインズのオンラインショップも参考にしてます。

 ホームセンター通販のカインズ