そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

友だちの引越しを手伝って思ったこと。やっぱりモノは少ない方がいい。

先日、友だちの引越しを手伝ってきました。

手伝ってみて思ったことは、「やっぱり、モノは少ない方がいいな。必要最低限でいい」ということでした。

 

 まだ使えそうなものは売ることにしたそうです

 

どこの家もそうだと思うけど、棚や収納場所から掘っても掘ってもモノが溢れ出てくる⋯。

で、「発掘」されたモノたちは、今よりずいぶん小さい家に越すということで、6割〜7割捨てることに。

 

高かったもの、あまり使ってないものもたくさんあって、友だちはもったいながってたけど、だんだん勢いがついてきて、最後はけっこうあっさり捨ててました。

 

もう使わないモノを処分できてスッキリしたみたいで、友だちの表情は明るかったです。

よかった、よかった。

 

片付けを終えてみて、7割近く捨てたということは、いわば「ゴミ」の中で生活してたようなもんだよねって思いました。

不用品は早めに手放していこうっと。

 

わが家も押し入れや車庫にまだまだ不用品が眠ってます。

 

 関連記事:段ボール箱片手に家中の不用品探し。

 関連記事:モノの寿命は「使わなくなった時」。

 関連記事:不要品は「マイナス資産」でしかない。