そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

ランニングを続けられる人は何%? みんな無理し過ぎ!

昨年の11月から走り始めて半年が過ぎました。週3×5〜6kmのペースで細々と続いてます。

 

ところで、ランニングを続けられる人は何%なんでしょうか。

 

 

約7割の人は走り始めて6カ月以内にやめてしまうそうです。

元記事はこちら。

 参考:ブームの裏で消えるランナーが続出!? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

これによると、

大手スポーツメーカー〈デサント〉が行った調査によると、ランニングを1年以上「継続」できたランナーは23.6%という寂しい結果が出た。

しかも、6カ月以内に走るのをやめてしまった「燃え尽きランナー」は68.0%に到達。

 とのこと。

「1年以上継続」は23.6%なんですね。

 

なぜこんなに少ないんでしょう?

記事では「燃え尽きランナー」を、

  • 疲労度マックス型
  • マジメすぎる型
  • 痛くて走れません型
  • レース完走型
  • ラン友不在型
  • オシャレ番長型

この6つのタイプに分けてます。

上の3つはほぼ同じような感じですね。

 

これを見て、わかるわ〜って思いました。

やめちゃう人っていきなりやり過ぎなんですよ。で、疲労を溜めたり、足を故障したり。

 

オーバートレーニングってやつですね。わたしもそうだったんでわかります⋯

通ってたジムのトレーナーさんに「休むのもトレーニングのうちですよ」とたしなめられ、ハッと我に返りました。

 

体は頭みたいにパッと切り替えられません。少しずつ少しずつ変化していきます。

継続することでランに適した体になってく。

 

だから、ゆっくりゆっくり変えていかないといけない。多くの人は(そして自分も)この体の変化を待てないんですよね。

 

走り始めは「今日は10日ぶりに走った! ビールがうまいなあ」くらいな、のんびりペースでいいんですよ、きっと。

キツイ時は無理しない。

一生走り続けるためにも梅雨時や真夏はランをお休みしてもいいかなあと思ってます(言い訳)。