そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

金融商品って難しいけど勉強しないといつまでも賢くならない。

金融商品って難しいけど、勉強しないといつまでもわからないままだし、賢くならないからがんばって勉強中。

 

 「勉強ごくろうさまニャ」。猫たちはいつものんびりしてていいなあ⋯

 

引き続き、下落相場に向いた取引や商品について調べてます。

インバース(ベア)型ETFがよさそうとなりました。

 関連記事:下落相場でも「買い」から入れる商品は? 現物取引で取引できるETFがある。

 

ベア型ETFにはどんな商品があるんでしょうか。

代表的なものは、

代表的なETFとして、日経インバース指数に連動する日経平均ベアETF(コード1580)や日経ダブルインバース指数に連動する日経平均ベア2ETF(コード1360があります。

とのこと。

 参考:ベア(インバース)型ETF 株が下がると思ったら|シンプレクスETF

 

日経平均のインバース指数というものに連動するETFがあるんですね。

レバレッジを効かせる「ダブルインバース」はやりません(たぶん)。 

 

日経平均ベアETF(1580)は、日経平均が1%下がると1%上昇します。 

 

f:id:nekoneko29:20190517120219p:plain

 引用:日本株が下落して儲かるベア型ETFの使い方とは?約3000円から買えるベア型ETFの紹介と急落相場におけるベア型ETFの注意点を解説|投資信託おすすめ比較[2019]|ザイ・オンライン

ベア型は下げ相場になった時に買えば利益が出る。だけど、そのタイミングは後からわかるもので、その時はわかりませんよね。

 

また、長期間の取引には注意が必要で、 

日経インバース指数は前日の終値から当日の終値という1日の変動率”を基準として、-1倍を目指して変動します。

あくまで1日の変動率であり、2日以上の長期間で見ると-1倍からかい離します。

 とのこと。

ボックス相場時(上げ下げしてる時)は長い間持つのには向かない商品です。レバをかけて短期決戦か下落相場が続いてる時向けですね。

トレンドが止まった時はさっと手放さないといけません。

 

判断が遅い自分には難しい気がしてきました 汗

 

 

投資はやっぱりのんびり取り組むのが一番かもしれません。

「SBIネオモバイル証券」は、Tポイントを使って少額からスマホで取引できるので、投資の練習にいいですね。

 【口座を開設してみる】→ Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】