そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「これがわかっていたら人生楽だったのにな」と思うたった1つのこと。

これを知ってたら人生楽だったのになと思うこと、それは「自分がどういう人間なのか」、そして「どんな暮らしがしたいと思っているのか」を理解してることです。

それさえわかってたら、遠回りせずに一直線にそれに向かって人生を歩めてただろうなあ。

  

 

「自分は働くのが嫌」ということがよくわかってたら、20代のうちに最低限の資産を築いて30代でさっさとセミリタイアしてましたね。

楽しくセミリタイア生活を実践している今となっては、なぜ早く気づかなかったんろうと思います。

 

30年近くも前の田舎で「セミリタイア」なんていう生き方は知りもしなかったし、大人になったら勤め人になって働くことを疑いもしませんでした。

それで20代はろくに休みもせず働いて、稼いだお金はパーっと使って⋯。

目標もなかったから貯めるという発想すらありませんでした。

 

純粋だった20代が過ぎ、だんだん知恵がついてきた30代(遅い)、いくら一所懸命働いたって給料が増えるわけでもない現実や体力の衰えによる限界を感じてセミリタイアを目指すことに。

こんなふうに、経験してやっとわかる、痛い目に遭わないとわからないというのはロスが大きいです。

 

人によっては中学生や高校生のうちに「将来はこうなりたい」という具体的な夢を持ってる人がいます。

ああいう人と自分は何が違ったんでしょうか。

せめて就職して早々に気づくことはできたんじゃないだろうか。

今も時々考えます。