そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

家にあるものを活用し尽くす。もう一度原点に戻って、節約道を極める。

もう一度原点に帰って、節約を極めようと思います。

 

 

といってもわたしの場合、やたら手のかかることはまずできません。

家の中や身の回りにあるもの、お得なサービスを活用し尽くすことに集中したいと思います。

 

雑貨の使い切りも効果が大きいですね。

 関連記事:「今あるものを使い切る」のは節約効果大だと思う2つの理由。

 

 

第1弾は写真にあるように、

  • 料理のリメイク をやってみました。

煮汁に大根を放り込んだだけだけど⋯

 

手羽元を煮た後の煮汁、以前はおからを入れて卯の花を作ったりしてたのに最近は「めんどくさ」ってなって捨ててました。いい出汁が出てるのにもったいないことであります。

 

「あるものを活用し尽くす」精神で、今回は大根を入れて煮てみました。

蓋をしてたまにひっくり返しながら弱火で20分。かんたんにおいしい煮物ができ上がり。手羽元のいい付け合わせになりました。

 

写真手前のは、庭で摘んだイチゴとニラです。(さも自分で育てた風だけど、だんなさんちの庭にあるのをもらってきたもの)

イチゴはそのまま食後のデザートに、ニラは味噌汁の青みとして投入。

 

果物は買うとなかなか高いですよね。冬のリンゴが終わってからは(コンテナ買いしてある)、チリ産のブドウ(安い)だの、グレープフルーツだのでつないできたけど、これでしばらく果物は買わなくて済みます。

 

ニラはいろいろ活用できて、かつ高栄養。毎年勝手に生えてくるすばらしい植物です。庭の片隅にぜひどうぞ。

 関連記事:ニラは「最強」の作物。

 

春先に海外旅行でどかーんと使って、それはそれで後悔してないけど、お金が減ったのは事実。

ここ数年すっかり気が抜けてたけど、また気合いを入れて自分なりの節約道を極めてみようと思います。

 

 

「あるものを活用し尽くす」ってけっこう頭を使うんですよ。

でも、この習慣が身についた時、「あ、お金がなくても何とかなるんだ」って思えるようになりました。

 

お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣 (アスペクト文庫)

 

 

少ない収入で暮らしを楽しむ達人といえば、この人。森川さん一家の暮らしはほんと参考になります。

 

年収150万円一家

 

 

年収150万円一家 毎日のこんだて