そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「世間が推奨するような趣味」の方がお金を使わなくていいし、貯金しやすいよね。

貯金する上で、なるべくなら「世間が推奨するような趣味」を持つ方が有利だなあと思います。

なぜなら、「世間であまり推奨されない趣味」よりお金がかからない(かかりにくい)から。

 

 老眼にも優しい「コミックエッセイ」は残念ながら図書館には置いてないから、ブックオフやAmazonなどで中古で買うことも多いです。

 

「世間が推奨する趣味」の筆頭はたとえば、「読書(本を読むこと)」ではないでしょうか。

今はだいぶ風向きが変わったけど、以前だったら、漫画より本を読むことの方が世の中で推奨されてました。漫画より本を読む人の方が高等、みたいな風潮のことです。

 本を読む>漫画を読む

このような図式が成り立ってたと思います。

 

本を読む人間を増やしたいから自治体は「図書館」を作り、無料で本の貸し出しを行ってるわけですよね。

最近は図書館も漫画が充実してきたけどこれまでは、読書好きの方が漫画好きよりはるかに「お得」でした。

漫画をどっさり読みたい場合は「漫画喫茶」へ行くなど有料になってしまいます。

 

まあ、でも読書もジャンルが様々ですからねえ。読みたい本が図書館になくて、毎月数万円本代に費やしてたわたしのような人もいるでしょうけど ^^;

今は収入がほぼないので、もっぱら図書館に頼ってます。ありがたい、ありがたい。

 

近頃はAmazonプライムビデオとか定額見放題サービスなどが広がってきて、映画好きの人にはいいですよね。

 

もちろん趣味は人それぞれで無理して捻じ曲げることはいらないけど、もしこだわりがそんなになかったり、お金を貯めたい時期とかだったら、なるべく世間が推奨するような方向の趣味(=そうでない趣味よりお金がかかりにくい)にすると、それだけで貯金に大きく貢献してくれるなあと思います。