そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「脂肪」が大好きな人は要注意。「脂肪味」がわからないと太りやすいかも?

6月13日放映のNHKクローズアップ現代+『あなたは“脂肪味”を感じますか? 最新研究!味覚が健康を左右するを見ました。

聞き慣れない「脂肪味(しぼうみ)」という言葉。健康オタクとしては興味津々です。

 

 うちの猫の腹もヤバいです。キャットフードしかくれてないんだけどなあ(あげ過ぎ?)。

 

まず、脂肪味とは何ぞや?ですが、

 

 脂肪味甘味・酸味・塩味・苦味・うま味に続く「第6の味覚」。動物性の脂や、植物性の油で感じられるもの。昨年九州大学の研究グループが特定した。

ということです。

 

肉の脂とか、たしかにおいしいですよね。わたしは大好きです(太りやすいタイプ)。

 

それで、この脂肪味を感じる能力は人によってかなり違うことがわかったそうです。

問題は脂肪味に対して「鈍い人」。

 

なぜかというと、これまでの人類にとって動物の脂は貴重な栄養源だっため、体は脂肪を好むようにできているんですが、脂肪味を感じるセンサーが鈍い人はわずかな脂肪分だとキャッチすることができず、どうしても脂肪を取り過ぎてしまう。

知らず知らず大量の脂肪を摂ってしまう危険があるんだと。

そして、多すぎる脂肪は肥満をはじめとする生活習慣病を引き起こしてしまいます。

怖いですね。

 

そんな話を聞くと、自分の脂肪味センサー大丈夫か?と心配になりますよね。

かんたんなチェック表がありました。そして、その改善法も。

 

f:id:nekoneko29:20190619120215p:plain

わたしは3つ当てはまってしまった!(脂ののった肉が好き、醤油よりとんこつ、低脂肪の乳製品は物足りない) 「鈍感」の可能性がありますね。

 

番組でも「超鈍感」な人は油っぽい食事を好んで食べておりました(わたしは節約上の理由もあって結果、毎日あっさりした食事になってます。喜んでいいのやら⋯。哀しい状況なのかもしれません)。

 

「鈍い」判定された人、そういう人も諦めないでください。改善できるそうですよ。

 

f:id:nekoneko29:20190619120359p:plain

肥満・生活習慣病を防げ! “脂肪味”感度セルフチェック&改善6か条 - 記事 - NHK クローズアップ現代+

 

脂肪分を含んだものばっか食べてると、舌が脂肪味を感じにくくなってしまうってことですね。

 今まで摂り過ぎてた人はあっさりしたものに切り替えていくと同時に、どうせ摂るなら「良質な脂質」にしていくとよさそう。

 

それから、「栄養不足」も脂肪味がわからなくなってしまう要因なんだとか。

鈍化するメカニズムとしては、とり続けることだけじゃなくて、栄養素が足りていない時も鈍感になっているということが分かりました。

 

何でも大事なのは適切な量ということでしょうか。

特に中高年女性は油を減らしすぎると、カサカサになっちゃいますからねえ、気をつけないと。

 

脂肪味の話、おもしろかったので記事にしてみました。

食べ物が溢れる現代は頭を使って食べないとダメですね(めんどくさい)。

 

 

 

「脂肪」つながりで、この本ものすごくおもしろかったのでご紹介を。肥満に悩む4人がそれぞれ主人公の4話で、ダイエット指導者・大庭小萬里と出会い、変わっていく過程が描かれてます。

どの主人公の話も哀しくも可笑しく、読み終えた時は不思議とすっきりした気分になれました。

ブスとして生きる訓練をせよー。これでもかと出てくる「小萬里節」が痛快ですよ。

 

著者の垣谷美雨さんは「イケてない人間」の苦悩と変化を書かせたら天下一品ですね。