そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「お金がない!」というストレスを甘く見てはいけない。

当たり前かもしれないけど、お金がないってものすごいストレスです。

でも、お金がない状態が当たり前だと、そのことを意外と意識できません。

 

わたしは貯金の目標額を達成した時、これまで「お金のないストレス」にさらされていたことにやっと気づきました。

 

 楽しい思い出を作りながらお金も貯めていけたら最高ですね ^_^

 

 

わたしたちは資本主義の国に生きているわけで、つまり基本的にはすべてのものがお金で買える社会に暮らしてます。

これは、イコール何をするにもお金がかかるっていうこと。

 

そんな中でお金がないというのは自由が制限されちゃうし、選択肢だって限られてしまう。 これは大きなストレスですよね。

 

わが家のやりくりを一手に任されているわたしも、貯金があまりない時期はすごーくストレスフルな日々を送ってました。

 

旅行はここに行きたい→でもお金がない、少し高いけど性能がいいこっちの製品を買いたい→でもお金がない⋯。

買い物のたびにそういうのの繰り返しでした。

これって、精神的にも消耗してしまう。

 

まあ結論としては、だから、どんな時でも最低限の貯金は続けよう、そして「お金がない」状態を脱しましょうってことを言いたいんですが^^;

 

やりくりを今日がんばったからって明日に貯金が増えてるというわけにはいかないけど、仕組み化がうまくいって1年、2年と続けていけば少しずつ貯金も貯まっていきます。

 

そして何より、そういう生活を続けてくと家計が貯金体質に変わってくから、より貯金がしやすくなっていきます。

「あれ?支出が以前より減ってきたな」と感じる頃にはいつの間にか貯金も増えてるでしょう。

と同時に、お金の使い方もうまくなってるはず。

 

そういったいろんな理由で、貯金がうまくできるようになった頃には「お金がないストレス」も減っていると思われます。

 

わが家も節約(主に固定費の削減)をがんばると同時に、お金の使い方を見直して少しずつお金が貯まる家計になっていきました。

すると気持ちに余裕も生まれてきます。

 

貯めたお金で必要なものが買えるとうれしくて、ますますがんばれる。

「お金がないから買えない」というストレスが段々減っていきました。

やりくりできてるという自信って大事だなあと思いましたね。

 

お金がないストレスを感じてる人、気づかないけど支出があるたびにイライラしてる人はぜひお金を(ある程度)貯めてほしい。

そして、「お金がないというストレス」がない楽さを味わってほしいと思います。