そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

今あるお金(または時間)をどう使ったら将来豊かになれるんだろう。

将来(経済的な意味以外でも)豊かになるためには、今あるお金(または時間)を「何にどう使うか」が大事なんだ!と、急にひらめいたので書いてみます 笑

たまにこういう時があるんですよね。

 

 庭に咲いたニラの花(白い方の)。野菜の花も意外にきれいです。

 

時間やお金を何に使うのかがなぜ大事なのかというと、投資的に使えるか・消費的に使い切ってしまうのか・浪費的に使ってしまうかで将来の「豊かさ」がまるで違ったものになってしまうから。

わかりきったことかもしれません。

 

でもふだん忘れがちじゃないでしょうか。

お金も時間も使い方がポイントなんだなあ〜と改めて思ったんですよ。

 

具体的には、お金の方がわかりやすいのでお金の使い方でまず考えてみますね。

 

お金の使い方の振り分け方法として、「消費」「浪費」「投資」で分けてみようという考え方があります(家計再生コンサルタント・横山光昭さんの提唱)。

 

横山さんの正確な定義とはちょっと違うかもだけど、わたしにとって、

  • 消費は生きていくに必要なことに使うお金
  • 浪費は息抜きに使うお金、またはムダな使い方をしたお金
  • 投資は将来の自分に役立つような使い方をするお金(貯金を含む)

です。

 

まあ、あまり生活を切り詰めるのもなんですが、一般的には「消費」と「浪費」を抑え「投資」に回すお金が多ければ多いほど経済的に豊かになるでしょう。

 

これと同様のことが時間の使い方にもいえますよね。

 

個人事業主(実際はほぼ専業主婦)のわたしの1日の時間の使い方を例としてあげると、 

  • 「消費」にあたるのは家事・雑事をこなす時間、そして自分自身の再生産の時間(睡眠、食事など) 
  • 「浪費」にあたる、生産性のない時間は、スマホゲーム(ツムツムが日課です) やSNSをぼーっと眺めている時間(両方とも気晴らしとして欠かせません)
  • そして、最も大事な、将来を豊かにする「投資」にあたるのは運動(ランニングやソフトバレー、山歩き)、ブログを書くこと、家族や友人と過ごす時間

です。

 

ところで、時間の使い方については「消費」を抑えて「投資」の時間をどう増やしていくかは長いことずーっと取り組んできてました。

最大の「消費」である「仕事(勤め人)」を辞めてからは、 「家事」が削減の対象でした。

とにかく執念深く、コツコツと少しずつ削れるところは削ってきてます。

 

今日書いていて、なぜ私がここまで家事の時間を減らすことにこだわり続けていたか改めてわかりました。

 

私にとって家事というのは「消費」に過ぎないんだと。

やらないわけにはいかないけど、それほど価値のあるものではないということです。

少なくとも将来を豊かにする時間の使い方ではありません。

 

以前は1日4〜5時間家事に費やしてたから、運動するとかブログを書くとか、そういう投資的な時間の確保がなかなかままなりませんでした。

 

今の家事時間は1日2時間(気持ち的にはこれくらいで済ませてるつもりだけど、実際は2時間30分くらいかかってるかも?)。

これだと運動やブログ書きにも十分時間を回せます。

 

その結果、体脂肪が落ちて筋肉がついたり、ブログで(微々たるものだけど)収益を出せてます。

これらは将来の健康度を上げたりするなど「豊かさ」につながるし、何よりこういったことに時間を回すと毎日が楽しいです。

 

今後もさらに研究を重ねて「消費」の時間を減らしていこう、そこで浮いた時間を「投資」に回していこうと思いました。