そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

自分が価値を感じるものは安く感じる。

自分が価値を感じるものは安く感じませんか?

 

 最近はランニング関連グッズをスポーツ用品店で散財することもあります。

             http://www.karuizawa-psp.jp/shopguide/detail/134

 

自分が「いいなあ」と思うものって安く感じるんですよね。

ある程度のお金を払っても全然惜しくないし、それらを買うことが大きな喜びでもあります。

これはたぶん、オタク気質の人に共通の感覚ではないかな。

 

わたしの場合、以前だったらそれは本でした。

その頃はもう次から次へと読みたい本が出てきて、じゃんじゃん買ってたっけ。

 

その時はまってたのはビジネス本だったんだけど、月に2万〜3万円はつぎ込んでました。

年間30万は買ってたんじゃないでしょうか。

(この時の学びは後に有利な転職先へ結びついて、かけたお金は回収できたんですよ。ついてました)

 

今は読書にあんまり関心がなくなっちゃって、本はほとんど買わなくなりました。

もっぱら図書館通いの日々です。

 

 

代わりに今「買って惜しくないもの」と言えば、ランニング関連グッズです。

これがもう次から次へと欲しいものが出てくる 笑

 

 

このつぶやきの後、レース用シューズにランニングウォッチを買いました^^;

 

 

ランニンググッズは本よりさらに単価が高いです。

ウェアは3,000〜4,000円とかするし、靴ともなれば1万〜2万円はします(もっと高いのもたくさんある)。

 

そしてフルマラソンのエントリ代も1万円以上(大会による)。

ついに、かつて軽蔑してた「何でお金払って走るん?」という人になってしまいました笑

 

ランニングを始める去年の秋までは、そんなものに興味がなかったのに。

今は全然惜しくないし、お金を貯めてこれらを買うことが張り合いでもあるんですよね。

人はずいぶん変わるものです。

 

 

逆に、今も以前も「高く感じるもの」は「服」です。

これは、すごーく「高い」買い物に感じるんですよ。

なぜなら興味がないから。

 

「しまむら」で買う1着1,500円が惜しくてたまりません。

そんなに頻繁に買うわけでもなく1シーズン1着とか2着なのに、「えいやっ」と思い切らないと買えない。

まあ要するに、安い高いは「何に価値を感じるか」の問題なんでしょう。

 

価値を感じるものはたとえ絶対額が高くても安く感じるし、惜しくない。

反対に、価値を感じないものは金額が安くても高く感じてしまうし、買うのが惜しくなる。

 

お金は自分が価値を感じるものにかけて、そうではないものには極力かけないことが「幸せなお金の使い方」なのかもしれません。