そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

何かを「続ける」ために何かをやめる。

新しく何かを始めようと思った時、まず最初に考えるべきはそれをやるための時間をどう確保するかです。

 

 去年の冬に挫折したアプリの勉強、もう一度挑戦してみようと思います。

 

 

やりたいことがあるのに時間がない、作れないという人は多いでしょう。

セミリタイアして暇だけはたっぷりあるはずのわたしでさえそうです。

そんな時何かを新しく始めようと思ったら、何かをやめるしかないって思ってます。

 

 

ところで、昨日ワーママはるラジオを聞いてたら、はるさんが「(新たにやり始めたことを)継続するコツは(それまでやっていた)何かをやめて時間を作ること」というような話をしてて共感しました。

 

「何かを毎日続けるコツは?」のチャプターでその話をしていました。

 参考:#203 質問回答 天然 継続コツ 他人と自分 優秀とは?(2019年11月20日放送)/ Voicy - 今日を彩るボイスメディア

 

 

考えてみれば、何をするにも時間て必要ですよね。

1日の中で自由に使える可処分時間て限られてるんだからあれもこれもはできません。

なので「やりたいこと」の優先順位をつけて、もう興味が薄れたものや惰性でやってることを減らしてくしかない。

 

可処分時間が仮に3時間あったとして、その時間がいっぱいに詰まってたら「新しい何か」を入れる余裕はありません。

 「これまでやっていた何か」を減らさないまま無理して「新しい何か」を続けてたら、いずれ破綻してしまうでしょう。

 

 

それよりもまず「やめる」。

やめてもいいなと思うことを選んで時間を空けるべきなんです。

 

 関連記事:今年は「やらないこと・やめること」を増やす。「家事は1日5時間以下にする」を加えた。

(今は家事時間の目標は「1日2時間以内」です)

 

わたしの場合「減らしてから新しいことを始める」という、このコツがわかってからようやく物事が続くようになりました。

三日坊主を脱却できるかどうかは意志力じゃないんです。

 

何だかんだで時間を食ってた家事時間(わたしにとってはあんまり価値のない使い方)を効率化することで減らして、ランニングに時間を使えるようになりました。

 

 関連記事:わたしが運動を続けられるようになった理由。

 

時間の確保ができたらの後の話だけど、継続のコツもいろいろわかってきました。

 

 関連記事:ブログもマラソンも「マイペース」が大事。

 関連記事:続きさえすれば、なりたい人になれる!2019年、よい習慣を続けるための2つの工夫。

 

ブログやランニングなど、やりたかったこと、いい習慣が根付いて生活が劇的に変わってきてます。

 

 関連記事:筋トレとスポーツと食事で体内年齢が20代になった。

 

 

ところでこの冬また新たにやりたいことが見つかりました。

ていうか再挑戦なんだけど、昨年の冬(早々に)挫折した「アプリを作る勉強」をやっぱりやってみたいなと思ってまして。

アプリ作れるようになったら楽しいと思うんですよねえ。

 

そこで「何か新しいことを始めるために何かをやめる」の法則(?)を当てはめてみましょう。

アプリの勉強は頭を使います。

やめるとしたら体を使う「何か」より、同じように頭を使う「何か」をやめるのが健康上もバランスが取れるでしょう。

 

となると、自分の1日の中で頭を使う何かとなると「ブログを書くこと」がそれにあたるんですよね。

なので、「今年の冬はブログを書くの休もう!」って一時考えてました。

 

でも、冷静に考えたら1日1時間ほどのブログ書きより時間を使ってることがあったんです。

それは「ダラダラとネットを見ること」です。

これは「どうしてもやりたいこと」ではありません。

 

そうだ、この時間を減らしてアプリの勉強にあてればいいんじゃ?ということに気づきました。

というわけで、ブログは休まず続けることにします。

 「ムダな時間」を洗い出すのも大事ですね。

 

 

 

「どうしてもやりたいこと」が見つかり、時間さえ確保できれば「続ける」ことはそんなに困難ではありません。

でも、たしかに「続けるためのコツ」ってあるんですよね。

このコミックエッセイは継続のための基本的な知識をわかりやすく楽しく知ることができておすすめです^_^