そう言われればそうかも。

ふつうの主婦の日記

【スポンサーリンク】

「8割の人がなる病」を防ぐためにやってる9つの予防習慣

40歳を過ぎたあたりから、「8割の人がなりそうな病」の予防をがんばってます。

 

(ここでいう「8割がかかる病気」って、自分が見聞きしたり、イメージ的になりそうだな⋯って思ってるもので、実際にそうなのかは調べてません。あくまで私見です)

 

その他にも病気は山ほどあるけど、それら1つ1つを気をつけようとしたらメンタルがどうにかなっちゃいそうなんで、とりあえずリスクが高そうなのだけ対応しようと思ってます。

 

中年〜高齢になればたいていの人がなりそうだなーって思う病気や不具合と、ふだんやってる予防習慣がこちら ↓

 

  • 白内障 過度な紫外線を防ぐために外出時はUVカットめがねを着用
  • 認知症 脳に適度な負荷をかける、脳みそに溜まるゴミを洗い流すために毎日十分な睡眠を取る
  • 肥満 体脂肪率をほぼ毎日チェック、同時に筋肉量を増やす努力をする
  • がん 予防効果の高いものはすべて行う(ピロリ菌除去、禁煙、過度なアルコール摂取はしない、減塩、十分な量の食物繊維と水分摂取で便秘予防)
  • 歯周病 食事のたびに歯間ブラシで清掃、寝る前は歯磨きと歯間ブラシで10分以上お手入れ、定期検診を受ける
  • 筋肉の萎縮など 高齢者にありがちな猫背になるのを防ぐべく毎晩ストレッチをする
  • 難聴 「耳の毛」を守るためなるべく不要な音は聞かない、イヤホンは使わない
  • 皮膚の老化(シミやシワ) 毎日日焼け止めを塗る、クリームを塗って保湿する
  • 血管障害 血管(特に毛細血管)を痛めないよう、塩分、糖分の摂取を控えめにする、深呼吸をする、こまめに動く

 

こうしてあげてみるとけっこうありますね。

 

まあ老化するって死に近づくことだから、どこかしら不具合が出るのはしょうがありません。

わたしたちにできるのは老化の進度を抑えることだけでしょう。

 

そして、それはそんなにお金のかかることじゃなくて、ふだんのちょっとした心がけでできるものも多いです。

 

実際、上にあげた例は習慣にするまでは少し大変かもしれないけど、どれもかんたんにできることばかり(どれくらい効果があるかは不明だけど)。

 

続けてれば大きな違いが出るかもって思って続けてます。

 

 

 

最近読んでよかった本です ↓

最強の健康法は(食事も大事だけど)「(適度な)運動」なのかもしれません