そう言われればそうかも。

ふつうの主婦の日記

【スポンサーリンク】

経済的に生き抜くための「わが家の3つの家訓」

経済的に生き抜くためのわが家の3つの家訓は、

  • 連帯保証人になるな
  • 信用取引はするな(株やFXの取引などで)
  • 「消費」にかけるお金は最低限にしろ(高額になりがちなマイホーム、車、保険は特に注意)

です。

家訓と言っても、今日考えたところだけど笑

これらさえ気をつければ人生における大きな「(金銭的な)落とし穴」はほぼ回避できるでしょう。

 

  • 自分がコントロールできない契約はしない(連帯保証人)
  • 勝てる確率が低いものにレバレッジをかけない
  • 「消費」はお金を生み出さないので最低限にする(ぜいたくは「コップから溢れた水」でする)

 っていうことです。

 

これらに加えて、常にお金に関する勉強は必要ですよね。

リボ払い(最近はリボとわからない名称のものも)とか新しい「お金をかすめ取るサービス」がどんどん生まれてくるから。

 

子どもが巣立つ前に「お金の罠」についてわかりやすく言ってきかせるにはどうしたらいいかな?と考え、この三訓に行き着きました。

もしかしたら今後少し変わるかもしれません。

こういったことを忘れずに無事人生を乗り切ってほしいものです。

 

 

過剰な消費をせず(35年の住宅ローンとかね)、浮いたお金は「r > g」の法則に従いコツコツと投資(うまくリスク分散されたノーロードの投資信託やETF)に回すのが資産形成の王道でしょう。

いきなり投資は怖いという人は、余ったTポイントで投資できるSBI証券のポイント投資がおすすめです。