そう言われればそうかも。

ふつうの主婦の日記

【スポンサーリンク】

テレビのコロナニュースを見ないと平穏な気持ちでいられる。

コロナが再び蔓延しつつあるようだけど、そんな中でもテレビのニュースをなるべく見ないようにしてると平穏な気持ちでいられますね。

 

 

コロナ第1波が押し寄せ株価が暴落した2月3月はニュースはもちろん、1日中ネットを見て情報収集してました。

 

特に米国市場は連日のようにサーキットブレーカーが発動するなど目が離せない状況で、夜中もちょこちょこ目が覚めて特に買う予定もないのにマーケット情報を眺めてました。

ストレスと睡眠不足で体調は散々でしたね。

 

そういう状況が結果、個別株の狼狽売りにつながって余計メンタルが落ち込むという悪循環に。

そこへ持って日々のコロナのニュースが追い討ちをかけて、鬱々とした春だったなあ。

 

今思えばもう少し相場情報から離れてれば狼狽売りなんてしなくて済んだだろうし、(正確な情報を知りたいとの一心から)主に医師のコロナ関連ツイートを読み漁ってたけど、それを控えてたらあんなに憂鬱な気分にならなかっただろうなって思います。

 

 

というわけでこの春先、わたしの場合は主に相場情勢に振り回されて消耗してたけど、友人たちはコロナ番組にメンタルをやられてたみたい。

ワイドショーを見てた人に特にそんな傾向があったかもしれません。

番組サイドからすれば、恐怖の感情を煽れば視聴率が上がるもんね。

 

感情的で悲観的な「報道」を見たって何になるんだろう??

3密を避ける、会話時はマスクをする、手洗いは(最低)20〜30秒以上やる⋯、個人でできること・すべきことは変わりません。

 

「国はこうすべき」とか「政治家が無能すぎる」とかテレビに向かって文句言ってたってしょうがないでしょう。

恐怖心を煽られてメンタルを病むだけ損だわ。

 

 

「そうは言ってもYouTubeにも『コロナ危険!』みたいなの、どんどん出てくるじゃん。だからつい見ちゃう」ていう友だちもいたけど、はて、わたしのYouTubeにはそんなん出てこないけどねえ⋯。

あれって興味ありそうなのがおすすめで出てくる仕様だと思うから、よく見るチャンネルによってコロナ情報が出やすい人とそうでない人がいるのかな。

 

そういう点では編集のかかってるテレビよりも「偏り」が大きいから、ネット情報を鵜呑みにするのは危険ですね。

やたらと「陰謀論」(笑)に詳しい友だちもいたっけな。

 

 

そんなわけで第3波到来中の今は不必要にテレビニュースは見ないし、ネットニュースのチェックも最低限に済ませてます(Go Toのタイミングや行き先を決めるための情報収集に使ってました)。

これでもって何も不便なことはないし、心も穏やかに過ごせてて言うことありません。

 

近所でも感染者が出てるし、自分や家族も感染済みかも(ていうか感染中?)かもしれないです。

 

たとえ感染してても要は発症しなきゃいいじゃんって思ってて、以前にもまして規則正しい生活を心がけてます。

基本引きこもり生活だから、他人に感染させる心配はほぼないかな笑