そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

【スポンサーリンク】

「寝る前スマホ」との付き合い方

寝る前のスマホは睡眠の質を下げるのでよくないってのはわかっちゃいるけど、やめられないという人は多いと思います。

わたしもそうです。

 

この「寝る前スマホ」とにかく楽しいですよね。

好きなコンテンツを見てるとリラックスできるし。

 

ただ、睡眠にとっては確実によくありません。

実際、明るい画面を見続けて眠気が消えたり、夜中に目が覚めたりしたこともありました。

睡眠のログを取ってるけど明らかに睡眠の質が下がった(睡眠スコアの数値がいつもは90台なのに80台前半に低下)。

 

朝すっきり起きられなくて日中の活動にも差し支える、でも楽しみでやめられない⋯

 

そんなジレンマの中で編み出した(?)方法は、

  • 画面を見ず、音声だけ聞く

という方法。

まあ、やってる人は多そうだけど 汗

 

これだと睡眠に影響することなくコンテンツも楽しめて最高です。

 

具体的には、

  • インターネットラジオ(Voicyとか)を聞く
  • YouTubeを聞く

ということをやっております。

 

寝る前スマホの時間は、いくつも登録してあるお気に入りチャンネルの中から聞きそびれたのを選んでそれを聞きながら、同時にストレッチをしてます。

 

YouTubeを聞いてることが多いんだけど、寝る前スマホで聞くチャンネルは動画を見続けないといけない内容(ランニング系)のものじゃなく、話を聞いてるだけで内容がわかるもの(ビジネス系とか投資系とか教養系)を選んでます。

 

トレーニングの一環でのストレッチだから、けして「心地いい」というもんではないけど、苦しい「地獄のストレッチタイム」もYouTubeを聞きながらだと気が紛れるから何とか続けられてますね。

 

そして、眠りにつく時もふだんならあれこれ楽しかったことややってみたいことなど想像してるうちにいつの間にか寝てしまうんだけど、10分たっても寝れない時や特に思い出したいほど楽しい内容がない時などはYouTubeを聞きながら眠りにつくことも。

音声や動画コンテンツはもはや「大人の読み聞かせ」ですね 笑

 

楽しいけども、それに流されてばかりだとデメリットが大きくなる新技術(というほどでもない)とは工夫してうまく付き合っていきたいものです。