そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

【スポンサーリンク】

マイホームを建てるには維持費込みでいくら必要?

マイホームを建てるには維持費込みでいくらあればいいんだろう?と気になることがあったんで計算してみました。

 

まず前提条件は、

  • 夫婦ともに30歳、35年ローンで返済(全期間金利1%固定)
  • 土地はタダ(わが家の地方では親が所有する土地に建てる例が多い。買っても農村部だから坪数千円〜1万円くらい)
  • 3世帯同居なので建物は大きめ(延べ床面積は50〜60坪ほど)
  • 地元の工務店に依頼するケースが多いので建築費は安め(坪単価50〜60万くらいかな⋯)
  • 3世帯同居だから親もそこそこ出してくれる(1,000万くらい?)

と、こんな感じです。

 

となると建てる時に必要になるのは、

  • 土地代は0円
  • 建物代は延べ床面積60坪×坪単価55万円=3,300万円
  • 諸経費が建築費の1割として300万

となり、初期費用は合計3,600万円ですね。

 

このうち両親が1,000万円出してくれるとして、ローンは2,600万円組むことに。

 

「フラット35」で全期間金利1%固定で借りると、返済総額は約3,100万円、月々73,000円の返済です。

(安全を期して「ボーナス払い」はなし)

金利1%と、かつてに比べたら超安い金利で計算しても返済総額はけっこういきますね!

 

それで何事もなく35年間払い続けられれば、めでたく自分たちの所有財産になります(築35年の物件だけど)。

 

 

ところで、物を所有すると維持費がかかるから負債を所有するのと一緒だと思ってて、マイホームは巨額な維持費がかかる最たる例ですよね。

マイホームを建てるなら、その恐ろしい維持費の方も計算に入れなきゃいけません。

 

マイホーム減税とかよくわかんないので、ほんとにざっくりした計算になりますが、

  • まずは固定資産税が毎年平均して10万とすると、10万×35年=350万
  • 外壁と屋根の修繕費が15年ごとに塗り替えるとして200万×2回=400万
  • 水回りの設備(風呂とかキッチンとか)の更新をこれまた15年おきに行うとして150万×2回=300万

35年間の間に維持費が1,050万ほどかかるので、年あたり1,050万÷35年=30万円、月あたり25,000円ほどローンとは別に積み立てなきゃいけません。

 

だから毎月のコストは実質、

 住宅ローン73,000円+維持費分の積み立て25,000円=98,000円ですか。

年間約120万円。

うーん、思ったより高いですね。

 

 

それはさておき、途中離婚の危機があったり、転職して減収というピンチを迎えたりしつつも、まあ35年無事に払い終えたとしましょう。

残るは築35年のわが家です。

 

さて、ここからが「夢のマイホーム」物語のクライマックス(?)。

 

農村部ではいまだに3世代同居が多いけど、さすがに35年後は同居はないでしょう。

子どもはとうに巣立ち、残された夫婦(2人とも65歳)に5LDKや6LDKの家は大きすぎて持て余すことに。

 

そこで2人は老後は暖かい地方へ引っ越そうと考えて売りに出すことにします。

値段はうんと安くして(本人たちは安くしたつもりで)600万円(これは今現在の物価で仮定)。

ところが⋯いくら値下げしても、待てど暮らせどさっぱり売れない!

 

これは今すでに農村部で起きてることでして、移住ブームが来てるんで自然豊かな(=不便な)農村の中古家でもそれなりに需要があるんだけど、移住希望者は単身者だったり、定年退職した夫婦だったり、せいぜい子ども2人込みの4人家族なんですよね。

だから2LDK〜3LDKくらいがベストで、5LDK、6LDKなんて需要がありません。

 

こうなると、売って老後の足しに⋯どころか、売りたくても売れず負債と化してしまいます。

 

わたしも周囲の空き家を見てて、200万くれるんならもらってやってもいいかなーっていう家がけっこうあるんですよ。

 

200万くれるんならって⋯。

ずいぶん欲張ってるように聞こえるかもしれません。

 

でも、近年は解体費が上がってるから更地にするだけでも150万〜200万は見とかないと。

更地にしても売れなかったら、毎年固定資産税がかかるだけのほんとの負債になっちゃいます(家がないと減税の特例が消え、土地の固定資産税は6倍になる)。

 

ボロ戸建て投資はうまく入居者がつけばものすごい儲けになるけど、何年も貸し出せずに手出しばかりになるリスクの方がずいぶん高いのよね⋯

 

 

これは「老後に家を売って引っ越したくなった場合」 の例で、そのまま住み続ける人が大半だからそんなに気にかけなくてもいいことなのかもしれません。 

ただ、そういうリスクもあるんだということは頭の中に入れとかないと。

 

 

まあ話は逸れたけど、3世帯同居前提ででかい家を建てると維持費込みで毎月10万くらいの負担が35年間続くんだな!ということがわかりました。

(それでもって立地と家の大きさを間違えると、いざ売る時に売れないっていう怖い現状も改めて認識⋯)

 

新築で家を建てるとなると家具や調度品はもちろんのこと、家電までも一切合切新品にしたくなるのが人情なんで、実際はさらに200万くらい上乗せされるでしょう。

ついでに「すてきなお庭も」となると、さらに100万 笑

 

ともかく家って建築費ばかりに目を奪われがちだけど、維持費が意外にかかる。

家を建てると5年後くらいに専業主婦をしてた人が働き出すとか、「外壁がボロボロになってきたけど補修するお金がない」って言う人が出てくるのも納得です。

 

はあ、それにしてもわが家の中古の家もさすがに傷んできてるし、何より寒いし、今後どうしようか思案のしどころですね。