そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

【スポンサーリンク】

シャワーはどえらく水を消費する

水って何気なく使ってると、すごい量を消費します。

節水のポイントは「流しっぱなしにしない」ことですね。

 

子どもの成長とともに水の使用量が増えて困ってます。

何とか減らしたい⋯

 

 

ところで日本人はどれくらい水を使ってるかというと、

 

日本人は1日で一人当たり200~300リットルの生活用水を利用しています。

この数字は世界平均の約2倍。

 

 1日に必要な生活用水は何リットル?STOP!水の無駄遣い! | サラスティア

 

「1日で一人当たり200~300リットル」ってすごい!

間をとって250リットルとすると、

 250リットル/日×30日=7,500リットル/月

 

1ヶ月7,500リットルも使ってるんですね。 

(1,000リットル=1立法メートルなので、7.5立方メートル)

 

こんなに大量の水を毎月一人で使っちゃってるのかー

「世界平均の約2倍」というのも納得の多さだわ。

 

 

3人家族のわが家の水道使用量はどうかというと、「2ヶ月で36立方メートル」だから、

 36立方メートル÷2ヶ月÷3人=6立方メートル/月/人 となり、

 

1人ひと月あたり6立方メートル(6,000リットル)、1日あたり200リットル使用してる計算になります。

まあ平均並ですね。

 

でもね、子どもが中学生になるまでは2ヶ月で24立方メートル(1人ひと月あたり4立方メートル、1日あたり約130リットル)だったんですよ。

1.5倍も増えてる。

 

原因はわかっちゃいるんですが⋯

 

 

ところで、こんなにも家庭で大量に使われる水、「家庭用水」はどんな使われ方をしてるのか?

 

生活用水のうち、家庭用水の使われ方については、東京都水道局が2015年に実施した調査を例に見てみると、風呂(約40%)、トイレ(約21%)、炊事(約18%)、洗濯(約15%)といった洗浄を目的とするものが大部分を占めています。

f:id:nekoneko29:20210319081151p:plain

 水資源:水資源の利用状況 - 国土交通省

 

 

圧倒的に「風呂」に使われてます。

 

40%っていうことは、1人1日250リットル使うとして風呂に100リットル使ってるということ。

家族3人なら300リットルですね。

 

湯船にお湯をおおよそ200リットル入れるとして、そこにプラスしてシャワーが100リットルという感じでしょう。

 

 

ところで先日やっとの思いで入れ替えた石油給湯器、今どきのはリモコンパネルに灯油やCO2(二酸化炭素)排出量のほか「湯量」も表示されます。

そのため、どれくらいお湯を使ったか?が「見える化」されました。

 

「何でも数値化したい病」患者にとってこれほどうれしい機能はありません 笑

 

さっそくチェックしてみたところ、初日はなんと580リットルも使っててわが目を疑いました。

 

まあたしかに請求書を元に計算した1日あたりの使用水量は「600リットル」だから、この数字でも一見おかしくはないんだけど、注意しなきゃいけないのはこのパネルに表示されるのは「お湯」の量だけなんです。

「水」を使う洗濯やトイレの分は含まれてません。

 

それを入れたらこの日は軽く700リットルを超えていたでしょう。

 

 

なぜこんなに多いのか?と探ってくと、わが家の水道使用量が増える一方の根本原因に思い至ります。

 

それは、シャワー。

そして、この日は子どもがいつにも増してシャワーが長めでした。

 

その使いっぷりったら、長い時間とにかく流しっぱなし 泣

「シャワーは1分間で10リットル」も水(お湯)を使うと言われてるんで、気になって仕方ないです。

 

冬は風呂場が寒いからある程度はしょうがないかもしれないけど、ファンヒーターで暖房してるんだし湯船でしっかり温まればそれほど寒くはありません。

たぶんシャワーをいちいち止めるのがめんどくさいんでしょう。

 

 

また別のある日、このパネルで1日のお湯の使い方を逐一チェックしてみたんだけど、わが家の使用状況は夕食後までは50リットルくらい。

 

でその後、お風呂にお湯を張るとプラス200リットル→だんなさんが入るとプラス50リットル→子どもが入るとプラス200リットルと急増し、お風呂関係で450リットルにもなりました。

 

全体の75%を占めます。

一般的なお風呂の使用割合40%と比べると、驚愕の使用割合⋯

(ちなみに、わたしはシャワーをほとんど使わないので、増加分はほぼ0)

 

 

まあ湯船の分のお湯は仕方ないとしても、シャワー恐るべし。

流しっぱなしというのは、すごい量を消費しますね。

 

あまりの浪費ぶりに子どもに、シャワーにどれだけお湯を使ってどれだけ水道料が増えたか、そのままでおいしく飲める(世界的に見れば)貴重な水を流しっぱなしにするもったいなさを懇々と説教してしまいました。

 

あと、学校の授業でちょうどSDGs(持続可能な開発目標)について取り組んでるので、「シャワーをこまめに止めれば二酸化炭素排出量も減るんだから、あんたにもできる地球温暖化防止策だよ」と諭したのが効いたのか(?)、次の日からシャワー時間がずいぶん短くなって100リットルほどに半減したんです。

数字で訴えると効果あるなー

 

 

そんなわけで今のところ1日あたり450リットルほどの湯量になりました。

600リットル近かったのに、ちょっと意識するだけで3割も減った!とびっくりです。

 

節水シャワーを導入したりすれば、さらに400リットルくらいに減るかもしれませんね。

 

使用水量がやたらと多い家はたぶん「シャワーの流しっぱなし」が大きいんじゃないかなー

 

 

節水をがんばれば少し水道料を減らせそうな希望が見えてきました。

 

お湯を400リットル、トイレ、洗濯などで使う水を約150リットルていどに抑えれば1日550リットルで済みます。

 

そうすれば、550リットル/日×30日=16,500リットル/月(16.5立方メートル)になり、今まで(18立方メートル)より少し安くなるかも。

 

ちょっと節水を気にしてみようと思います。