そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

【スポンサーリンク】

お金を使わずに「買い物」を楽しむ

最近の発見は「買い物の楽しさって見てるだけでもけっこう味わえるもんなんだなー」ていうことです。

 

「楽天ROOM」ってご存知ですか?

楽天のショッピングSNS機能で、自分が気に入った楽天市場の商品を「my ROOM」で紹介して、それを見た人が購入してくれると楽天から紹介料として楽天キャッシュが支払われます。

 

始めたきっかけはもちろんこの楽天キャッシュ目当てでした 笑

まあ思うようには売れませんが⋯

 

それはそうとして、売れようが売れまいが毎日のように商品をmy ROOMにアップしてるのは単純に楽しいからなんですよね。

 

朝の『めざましテレビ』で流行りものを紹介する「イマドキ」コーナーでクッキー特集を見たとしましょう。

そこで「こんなかわいいクッキーがあるんだ」と感激したら、さっそく楽天市場で「クッキー おしゃれ」といったワードで検索します。

 

すると、「映える」クッキーがたくさん出てきて、それを見てるだけで楽しい。

 

特にいいなと思った商品を5つほど選んでmy ROOMに載せとくと見た人から「いいね」がぼちぼちつき、「他の人もいいなと思ってくれたんだ」と思うとそれもうれしいわけですよ。

 

そんなわけで売れるわけでもないのに 笑、毎日せっせと楽天ROOMの作業をしてます。

 

 

それはそうと、なんだかんだでもう始めて数カ月たつんだけど、この楽天ROOMの意外な「効用」に最近気づきまして。

 

それが冒頭に書いた感想なのです。

 

すてきな商品をいろいろ眺めて選ぶ、それだけで「見てるだけでも満足」感があって、買った時と同じような満足感を感じてます。

 

たとえば、「こんなインテリアが部屋にあったらいいなー」と思うものを探したり選んだりしてくうちに満足して「買いたい欲」が収まってしまう。

 

これの何がいいって、満足感があるけど実際に買うわけじゃないからお金が減りません。

物も増えないし。

いいことづくめなので、最強の買い物方法です 笑(買ってないけど)

 

 

お金を使わずに「買い物」を楽しむやり方として、以前からウィンドウショッピングというものがありました。

ウィンドウショッピングで目を満足させるだけで十分な時ってありますよね。

楽天ROOMはこれのネット版といえるでしょう。

 

新型コロナで街中をぶらつくのは怖いという人には、ウィズコロナ時代の現代版ウィンドウショッピングとしてぴったりの方法かもしれません。

 

ただ、リアル店舗よりさらに衝動買いしやすい環境なので、物欲が多い人は注意が必要でしょう。

「ミイラ取りがミイラになる」ことのない範囲で楽しむのはおすすめです。