そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

【スポンサーリンク】

意識するだけで出費は3割減る

スーパーでの買い物って意識するだけで出費は3割減るんじゃないかなーって日頃思ってます。

 

というのも、「必要なものだけ買う」ことを意識しないで何となく食べたいものを買う時は想定してたより3割くらい合計額が高くてレジで「えっ」っとなることが多いから。

 

一応、節約を心がけてるんで5割以上も多くなることはないけど、少ーし気が緩んでる日は不思議なくらい(1割2割じゃなく)3割ほど多いんですよね。

こういう現象って何か名前がついてるんでしょうか?

 

「必要な物」が1つとか2つとか少数の時(または金額が小さい時)なんて、想定額の2倍3倍もお金を使っちゃうってこともザラでして。

たとえば牛乳を1本だけ買いに行くとかっていう時です。

 

ついつい「あ、ヨーグルトも買っとこう」とか「この肉安い」って買ってしまって、200円(牛乳)の買い物のはずが400円、600円になってしまう。

まあ意思が弱いだけっていえばそうなんだけど⋯

 

人間は弱い生き物なので、必要な物の数が少ない時ほど「必要な物だけしか買わない」ことはなかなかできません。

となると、ある程度「必要な物」の数がそろった時に買い物へ行くことにして、意思の力を使う場面を減らす(買い物の回数を減らす)のが有効ですね。

 

お腹が空いてる時や疲れてる時、眠い時なんかも衝動買いを抑える力が弱まってるので注意が必要でしょう。

 

とか何とか書きながら先月の食費は赤字、今月も赤字ペースできてるわが家。

「野菜を1日350g摂取する」日々に変えてから、野菜自体の金額はそれほど増えてないけど、ついでに果物もたくさん買うようになって食費が増えてます。

 

野菜と果物が増えてるんだからいいことなんだけど、食費予算も気になるし。

適当に買って食費が膨張してた頃とは違う増え方(意識しながらの支出)にはどう対処したものか、難しいところですね。

今後の課題。

 

この「意識するだけで3割減る」法則がもし一般化できるなら、何となく毎月の食費(とスーパーで買う日用雑貨費)が9万くらいかかってるんだよねという家庭なら6万くらいに減るかもしれません。

 

これはあながち大げさな話じゃなくて、『クリアファイル家計簿』という本(コミック版の方)にも書かれてます。

食費・日用雑貨費が多くて悩んでる人はこの本に書かれてるやり方を1ヶ月だけやってみるといいと思います。

 

 

おもしろく読めるのでコミック版がおすすめです。