そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

【スポンサーリンク】

気持ちの乱れが支出の膨張を招く

「野菜をしっかり摂らなきゃ」から食費の急増が始まったけど、何とか元に戻りつつあります。

 

 関係記事:健康のために食費はいくらまでかけていい? - そう言われればそうかも。

 

わが家の食費、家族3人で3万前後だったものが4万に、そして先月は4万5,000円近くまで膨れ上がりました。

率にして実にプラス30%〜50%の伸びです。

敏腕ファンドマネージャーだってなかなか達成できない好成績でしょう(たぶん)。

 

いくら健康のためったって増えすぎですよね。

 

そこで先月末に考えた改善点は、

  • 1週間で食べきれる量の野菜を買う(毎週余らせてるので)
  • 気が緩んだ分の2,500円は減らす
  • 果物の単価を少し下げる

という3点でした。

 

これらを踏まえて買い物に臨んでたところ、今の時点では2回行って約12,000円なので及第点、1日1,000円ペースに戻ってきてます。

そんなに食事の質が下がったような気もせず、うまく抑えられててよかった、よかった。

食べ切れる量を買うことと、果物の単価を少し下げるのが効いてるのかもしれません。

 

でも、元に戻せつつある一番の理由は「気が緩んだ分を引き締め直した」からなんだろうなー

 

この「気が緩むと一気に支出が膨張する」傾向は前々から感じてました。

無理なダイエットをしてリバウンドするみたいな(経験はないけど)。

 

今回は「野菜を買う量を増やす」というとっても健康的な支出ではあったけど、どこか気負っててストレスがあったんでしょうね。

 

気持ちの力みがその他の食品もつい買ってしまう(食べてみたかったけど、ちょっと高くて我慢してしてたものとか)という行動につながってたのかもしれません。

 

やっぱり気持ちの乱れやストレスが支出の膨張を招くんです。

今月は心を落ち着けてスーパーに行くことができてるんで、そこら辺が勝因なのかなと思いますね。

 

月末まで気を緩めることなく、修行僧のような平静さを保ちつつ買い物に臨みたいと思います。

 

 

ところで、今日は花王×PayPayの30%還元キャンペーンを消化すべく、ドラッグストアに出撃してきました。

 

 関連記事:6月は花王×PayPayキャンペーンで30%還元 - そう言われればそうかも。

 

買い控えてた花王製品リストを手に店内を回り、約2,200円分をお買い上げ。

8月下旬に戻ってくる予定の約660円分のPayPayボーナスはPayPay内の「ボーナス運用」(S&P500に連動するETF)へ自動で追加される設定にしてあります。

 

359円運用してて、今のところ17円(+4.97%)の含み益。

無職のボーナス運用はこのようにささやかなものなのです⋯