そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

【スポンサーリンク】

高いコーヒー豆は「ぜいたく」なのか?

習慣化してるわけじゃないけど、コーヒー豆から入れた「ちゃんとしたコーヒー」が飲みたくなる時があるんで、冷凍庫にコーヒー豆(挽いてあるもの)を常備してます。

 

このコーヒー豆、「おいしいなあ」と思って買ってるコーヒー専門店のものがあって、これが110g入り400円くらいするのよね。

いつも何も考えずに買ってたけど、周りに置いてある豆は300gとか400gとか入って同じ値段であることに最近気づきました 笑

 

単純に3〜4倍も高いじゃん⋯

無職には「ぜいたく品」なのであろうかと、しばし考え込んでしまいました。

 

このお気に入りのコーヒー豆のそもそもの値付けは適正なんでしょうか?

ブランド名で不当に高いだけなら、違うのに変えてもいいかもしれません。

 

元バリスタでコーヒーソムリエの方が書いたブログによると、

 

コーヒー専門店で購入するコーヒー豆の値段相場は、100gあたり400~¥600程度と思ってもらって大丈夫です。

 

とのことなので、まあ妥当な値段なんでしょう。

 

 参考:【保存版】コーヒー豆の値段相場は?一覧からコスパ抜群の豆までご紹介|コーヒー豆研究所

 

 

スタバの豆も同じくらいの価格帯でした。

 

 

さて、たまに楽しむこの「ぜいたく」なコーヒー、1杯あたりいくらなんでしょう?

 

コーヒー豆を量るスプーンが1杯約10gとして、わたしは薄目でいいので1回あたり8gを使用してて、

 400円/袋÷(110g/袋÷8g/回)≒30円/杯

1杯あたり約30円になります。

 

ふだん飲んでる格安のインスタントコーヒー(100gあたり200円)なんかと比べるとやっぱり「高級品」。

 

だけど、カフェでコーヒーを飲むことを考えれば10分の1以下と破格の安さですよね。

いい豆だから、味も遜色ないし。

 

ざっと朝の家事を終えたあと(ていっても30分未満だけど)や疲れてる時、香り高いコーヒーでほっと一息つくのは至福の時間です。

これがわずか30円ならぜいたくとは言えないでしょう。

 

そんなわけで「朝のコーヒー1杯」には多少お金をかけてもいいことにしよう。