そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

【スポンサーリンク】

田舎暮らしの節約家が選ぶ乗り物は原付(スクーター)か電動自転車

子どもが巣立つであろう2年後に車を手放すことを考えてます。

 

 関連記事:田舎暮らしで車を手放すということ - そう言われればそうかも。

 

車は何てったって金食い虫ですからね。

手放して浮いたお金で海外旅行に毎年行きたい⋯

 

 関連記事:「毎月の走行距離少なめ、保険料安め、駐車場代なし」のわが家の軽自動車の維持費を計算してみた。 - そう言われればそうかも。

 

問題は、車なしで生活できるのか?ですよね。

セミリタイアしてて毎日どこかに通勤するわけじゃないけど、そこは田舎(農村)暮らし。

代わりの移動手段はぜひとも必要なのです。

 

前回は「原付(スクーター)」しかない!って思っていろいろ試算してみました。

 

 関連記事:【原付バイクと軽自動車のコスト比較】節約と思うから悲しくなる。「より有意義なものに使う」と考えれば楽しくなる。 - そう言われればそうかも。

 

 

ところで、先日こちらの記事を読んで、やっぱ電動自転車もいいかも?と思い始めました。

 

【好奇心を満たす?】 リタイア生活と相性の良い物-45歳でアーリーリタイアして資産生活

 

 

電動自転車がスクーターと比べて優位なのは、

  • 初期費用(本体代)がスクーターより安い
  • 維持費が安い(ガソリン代や整備費用や車検、任意保険料がかからない)
  • 何といってもエコ、環境に優しい

といった点でしょう。

 

本体代はスクーターが20万円前後とすると、電動自転車は10万円前後なので約半分で済むのは大きい。

 

こちらの記事によると、

 

ちなみに、電動アシスト自転車と原付バイクを比べると、ランニングコストはおおよそ10分の1だと言われています。

充電に必要な電気代+交換バッテリーと、ガソリン代だけの比較ならさほど変わりませんが、税金や保険、消耗&故障部品の交換費用まで考えると、電動アシスト自転車のほうが圧倒的に安上がりなのです。

 

電動アシスト自転車の手間やコストは、実際のところどれぐらい? | @niftyでんき

 

とのこと。

さすがに「10分の1」はないんじゃないの?と思うけど、維持費は圧倒的に安そうですね。

 

 

とはいえ、電動自転車にも心配な点があります。

  • いかに電動といえど上り坂はやっぱキツイのでは?
  • スクーターより壊れやすそう⋯
  • どれくらいバッテリー持つんだろ?(コスト面)

などです。

 

そこで実際に乗ったことのある人に聞いてみると、最近のは実にパワフルらしくかなりの坂道でもスイスイ登れるそうで驚きました。

上り坂で苦戦するということはなさそうです。

 

壊れやすいかどうかは調べてないのでまだ不明。

 

バッテリーは3〜4年もつみたいで交換用のは3万円ほどらしいので、年に1万円かかる感じですね。

 

まあざっくり比較した感じでは「電動自転車全然いいじゃん」という感触です。

しばらく乗ってどうしても不便だったら、また車生活に戻ったっていいですしね。

とりあえず、電動自転車なりスクーターで生活してみないと何ともいえません。

 

いきなり車を売ってしまわず、2年後に電動自転車やスクーターを1ヶ月くらいずつレンタルしてみてから決めればいいかなあ。

 

 

 

自動車保険って高いですよね⋯

自動車保有のコストを少しでも下げたい人は無料の自動車保険一括見積もりサービス を利用しましょう。