そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

「ボロい家」ってどんな家?

わが家の質素ながらゆとりある生活の源泉は「ボロい家」(賃貸ではなく所有)に住んでることにあります。

この中古戸建てに、購入してからの20年間で均せば月に2万円で住んでることになる。

住居費がこれくらい安いと大して節約しなくても生活するのに問題ありません。

 

ただし築50年ともなると、かなりボロいわけで(元々の作りも使用状況もあまりよくなかったのもある)。

ふだんから「あーあ、ボロい家だな」って思いながら暮らしてます笑

 

そんな中、遅まきながらお笑い芸人のサンシャイン池崎さんの実家がたいそうボロいことをネットで知りました。

 

f:id:nekoneko29:20220126093107p:plain

サンシャイン池崎邸完成! | 秀光ビルド

 

⋯これはすごい。言葉を失いました。

わが家のボロさはまだまだ修行が足りません笑

 

「そうかあ、これぐらいにならないと『ボロ家』ではないんだな」ということを学んだのでありました。

これからは「築古」とか「古い家」くらいの表現にとどめよう。