そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

年をとった時のことを考えて「インドアの趣味」も持とう

昨日から始まったメルカリの魚(海産物)キャンペーン、あっという間というか瞬殺でしたね。

5,500円相当のがなんと500円で買えるっていうんだから当たり前だけど。

ダメ元で明日も10分前からポチる準備をしようと思います 笑

 

ところで今日は評論家の樋口恵子さんの本を読んでました。

この中に(年をとって動けなくなった時のために)「インドアの趣味を見つけよう」とあって、常日頃そう思ってたんで「そうそう、そうだよねー」って思いました。

 

まあほぼ無趣味なんだけど、それでも時たま山歩きをしたり、今年はマラソン大会にも出るつもりでいて、やってるのはアウトドア系の趣味ばかり。

 

今はやれ登山だ、やれランニングだっていってるけど90歳、100歳になったらさすがにできないでしょう(120歳まで生きるつもり)。

その時になって、家の中でできることをやろうと思っても急には見つかりません。

 

なので今のうちからインドアの趣味も育ててこうと感じてはいました。

候補はゲームかな。

(これも老眼が進んだら怪しいもんだけど)

 

これなら体が動かなくなっても家の中でできるし、オンラインなら他の人とも遊べるし、なかなかいいじゃんて思ってます。

もちろん反射神経を要求される格闘技系のとかはムリだから、ゲーム会社にはゆったり楽しめる高齢者向けのゲームをじゃんじゃん作ってほしいな。

 

まあそんなことを考えながら本を読んでました。

人生の先輩方が書いたものはほんと参考になります。

樋口さんのはユーモアもあって特におすすめ。

 

老いの福袋

老いの福袋

  • 作者:樋口 恵子
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日: 2021年04月20日頃

 

今日は朝から損切りトレード(マイナス5万)で気が滅入ってたけど、クスッと笑いながら樋口さんの本を読んでたら元気が出てきました。

体の動くうちはアウトドアの趣味を目いっぱい楽しもうと思います。

 

さあ、走りに行ってくるとしよう。