そう言われればそうかも。

日々コスパを追求

あなたは「孤独」を楽しめてる?

今朝ツイッターを見てたら「パレオな男」こと鈴木祐さんのツイートが気になったので、ブログを見に行ってみたところおもしろい記事が載ってました。

 

ひとりぼっちの陰キャライフを有用に送れているのか?を判定する14の質問 | パレオな男

 

 

「陰キャライフ」って 笑と思いながら読みました。

次の14問に答えることで「自分がちゃんと孤独を有用に使えているのか?」(孤独への動機づけ尺度(MSS-SF))がわかるそう。

 

詳しく説明する前に、まずは「孤独への動機づけ尺度」を見てみましょうー。以下の14問について4点満点で採点していただければOKです(完全に当てはまるなら4点で、まったく当てはまらないなら1点です)。

 

  1. 私が一人で過ごすときは、創造性に火がつく。
  2. 私が一人で過ごすときは、静かな時間を楽しむ。
  3. 私が一人で過ごすときは、自分の精神性に触れることができる。
  4. 私が一人で過ごすときは、自分の気持ちと向き合うことができる。
  5. 私が一人で過ごすときは、プライバシーを大切にしたい。
  6. 私が一人で過ごすのは、本当に興味のあることに没頭できるからだ。
  7. 私が一人で過ごすのは、自分が特定の行動を取った理由を理解するのに役立つからだ。
  8. 私が一人で過ごすのは、一人でいたほうが元気が出るからだ。
  9. 私が一人で過ごすのは、人と一緒にいると不安になるからだ。
  10. 私が一人で過ごすのは、他人と一緒にいると嫌われた気がするからだ。
  11. 私が一人で過ごすのは、他の人と一緒にいると自分らしくいられないからだ。
  12. 私が一人で過ごすのは、他の人と一緒にいると自分の言動に後悔するからだ。
  13. 私が一人で過ごすのは、人と一緒にいると落ち着かないからだ。
  14. 私が一人で過ごすのは、人と一緒にいると自分の居場所がないような気がするからだ。

 

さっそくやってみました。

設問を読む限り、孤独な状態に前向きというか孤独であることを楽しめてるかどうか?を測ってるように感じるな。

 

そして採点⋯

このテスト、前半と後半で「孤独」への向き合い方というか意味が違うんですよ。

 

でもって、すべて採点が終わったら、以下のように点数を合計してみましょう。

 

自己決定的な孤独(良い孤独):問題1〜8の点数を合計する。

自己決定的でない孤独(悪い孤独):問題9〜14の点数を合計する。

今回の研究では、「自己決定的な孤独」の点数が高い人ほど、孤独感にともなうネガティブな結果に苦しむリスクがずっと低かったんだそうな。テストの点数については「この点数より上ならOK!」って基準があるわけじゃないんですけど、

 

自己決定的な孤独=だいたいの平均は19ポイント
自己決定的でない孤独=だいたいの平均は10ポイント

 

わたしの場合は1〜8までが28点、9〜14が7点。

 

自己決定的な孤独(良い孤独)がものすごく高かったんで、どうりでセミリタ生活を始めて幸福感が爆上がりしたわけだーと納得でしたね。

ひとりでいることが楽しくってしょうがない。

(でも、たまに友人と過ごすのもそれはそれでものすごく楽しい)

 

反対に、9〜14の得点が高いメンタルの状態で孤独になりがちな引きこもり暮らしになったら、病んじゃってたかもしれません。

ま、そういう人はセミリタイアなんて生き方を選ばないか。

 

論文の中では次のように述べられてるそうです。

 

おそらく、多くの人々にとって「良い孤独」とは、使ったことがない筋肉を鍛えるようなものだ。私たちは孤独の筋肉を鍛え、一人の時間を有益に使うことを学ばなければならない。

 

「良い孤独」とは、使ったことがない筋肉を鍛えるようなもの。

⋯ふーん。

わかったようなわからないようなだったけど、「良い孤独」筋を鍛えまくろうと思いました 笑